見学予約 お問い合わせ

RECRUIT

IK HOME ×
EYEFUL HOME

MAGAZINE

スタッフの日記

私が考える『本当の高気密高断熱』の家づくりとは

| 社長が語ります。
MAGAZINE へ

社長

責任者をしてます飯島です

 

私が考える『本当の高気密高断熱住宅』とは省エネ住宅はもちろんです。

高耐久で、長持ちする家づくりは一般的住宅の40年~50年で建て替える

家づくりではなく、倍の100年住宅であることはもちろんなんです。

 

室内温度差が少なく、省エネで光熱費も少なくなる家。

結露、湿気が非常に少ない為に木材の腐れ・カビが少なくなり家の寿命

が長く保たれることになる家づくり、。

 

結露、湿気から解放された家づくりは神社、お寺、昔の小学校をみても

何十年、百数年と耐久性ある家づくりが日本では一杯実証されてます。

昔から木造の家づくりは、日本のお家芸ではなかったでしょうか。

 

しかし、50年弱前にツーバイフォーという工法が輸入されて日本のあち

こちで建て始められた時にに日本家屋の家づくりにも『断熱材を入れて

暖かい家づくり』がされてきたので結露というやっかいなものが付いて

きた形となりました。

 

ですから、この結露を抑えてなおかつ暖かな家づくりこそが本当の意味

のお客様ファーストの家づくりなのです。このことをしっかりと言い伝

えていきたいです。『本当に高気密高断熱』の家づくりのご提案です。

MAGAZINE へ

関連記事

相談室ブログ

上棟しました

  • 社長

相談室ブログ