見学予約 お問い合わせ

RECRUIT

IK HOME ×
EYEFUL HOME

MAGAZINE

スタッフの日記

確認『住宅の断熱性能』のことご存じでしょうか

| 社長が語ります。
MAGAZINE へ

社長

『飯島の家づくりにプラスとなる』お話を聞いてください

 

家づくりをするのに、今の時代で一番やらなくてはならないことは

『家の断熱性』を高めることはご存じだと思います。

 

家づくりにおいて断熱とは、屋根(天井)、壁、床、窓、ドアなど

を通して熱が建物外から建物内へ、また建物内から建物外へと移動

するのを減らすことなんです。

 

断熱は、住宅における省エネルギー化に欠かせない性能で、地球温

暖化対策や健康で快適な住まいづくくりの為に重要なことです。

省エネ住宅をつくる為の大事な水準の一つとなっています。

 

断熱性能は『外皮性能』によって大きく変わってきます。外皮とは、

屋根(天井)、壁、床、窓やドアなどの住宅の内部と外部の境界部

分を示す建築用語なんです。

 

外皮は、暑さや寒さ、雨や風などを防ぐ役割を大きく果たしてます。

防ぐ性能が高い(家の性能が高い)ということは断熱性能が高いと

も言えるのです。

 

Ua値(外皮平均熱貫流率)とは、住宅全体の断熱性能を表す指標

です。外皮を伝わって住宅内部から外へと逃げ出す熱量の平均値を

表しているのです。Ua値が低いほど、内部から外へと熱が逃げにく

く、断熱性能が高いことになります。

 

家づくりをお考えのお客様は『Ua値』+『C値』ということを必ず

忘れないようお願いします。快適性が損なわれてしまうことになっ

てしまうことになります。忘れないようお願いします。

MAGAZINE へ

関連記事

相談室ブログ

相談室ブログ