見学予約 お問い合わせ

RECRUIT

IK HOME ×
EYEFUL HOME

MAGAZINE

スタッフの日記

伊香賀先生のお話『温暖地ほど冬の死者多い』

| 社長が語ります。
MAGAZINE へ

社長

責任者をしてます飯島です

 

伊香賀先生のお話を書かせていただきます。

冬にどれだけ死者が増えるかということを日本の47都道府県で調べた

ことを発表してました。

 

温暖地ほど冬に死者が増えてたそうです。北海道は10%しか増えてな

いのに、関東ではその2~3倍も多いということです。心筋梗塞、肺炎

脳卒中がその死因の6割を占めてるということです。

 

その原因は、家の中が寒いことがリスクとなってるのではないかと、

国家プロジェクトとして全国の住宅の実態調査を発表してます。

 

たとえば、北海道は昼夜平均で冬でも室温が20度ぐらいだそうです。

一番差がある県は香川で13度の差があり、北海道とは7度も低い結果

が発表されているんです。

 

日本では昔から、冬寒いのは当たり前、暖房はもったいないという

意識が強く、寒さが招く病気や要介護のリスクを自覚せずに、高齢

になって突然、不本意な老後に見舞われる可能性が多々あるという

ことが先生の本からはっきりと書いてあります。

 

油断してる訳ではないかと思いますが、調査のなかでは鮮明に出て

るのです。寒い地方では昔から準備して冬を向かえますのでリスク

が少ないという結果がでてるということです。

 

ここを解決する家づくりが『まほうびんの家』です。これから家づ

くりを考えてますお客様ここが大事です。

MAGAZINE へ

関連記事

相談室ブログ

相談室ブログ