見学予約 お問い合わせ

RECRUIT

IK HOME ×
EYEFUL HOME

MAGAZINE

スタッフの日記

壁内結露の防ぎ方はどのようにするのか

| 社長が語ります。
MAGAZINE へ

社長

責任者をしてます飯島です

 

本日は『結露の防ぎ方』のお話をさせていただきます。

結露と言いましても色々な結露があります。

住宅で言いますと『窓のガラスをよく見ると思います』が窓が結露してる

ということは『壁内結露も起きてるということになります』。

 

壁内結露とは、家の柱と柱の間と言いますか見えないところの壁の中に発生

する結露のことを言います。この壁内結露こそが家の寿命を短くしてしまう

大きな原因となってきます。

 

家の寿命は『断熱材』が入るようになり温度差が壁の中だけでなく外と室内

との温度差が生じることにより『結露発生』してきます。

 

家の結露対策は、外壁との間に通気層を造ることも大きな対策となります。

屋根裏対策もしなければ屋根の下地が結露することになってしまいます。

屋根材を30年間メンテナンスフリーだから大丈夫なんて考えは危険です。

 

もちろん結露しない材料を使うことも大事ですし、結露させないような

施工方法は一番大事となってくるのです。

 

家づくりを数多くしていこうとすると、なかなか見落としてしまうところ

ではないかと思われます。ひとつひとつ丁寧な仕事をすることは当たり前

ですし、大工さんの技術力と結露しにくい断熱材を使用することが大事か

と思います。この技術力と結露しにくい断熱材がなかなか言葉では家ます

が実際は難しところがありますから出来ないところかと思います。

 

 

MAGAZINE へ

関連記事

相談室ブログ

地鎮祭

  • 社長

相談室ブログ