見学予約 お問い合わせ

RECRUIT

IK HOME ×
EYEFUL HOME

MAGAZINE

スタッフの日記

『断熱欠損』は大変だということご存じ?

| 社長が語ります。
MAGAZINE へ

社長

『断熱欠損』は大変だということご存じでしょうか?

責任者をしてます飯島です


今の時代は『断熱材のこだわり、Ua値の数字のこだわり、施工上のこだわり』

とあります。高断熱化が進む昨今に多いお話ではないかと思われます。




外と室内の温度差が拡大していきますと、断熱材の気密性能が小さな欠損で

も結露は発生することになってしまい大きな問題となってきます。




いかに現場での施工品質の良し悪しが大事となってくるかです。良い大工さん

が絶対条件となってくるのです。大工さんが誰でも同じということはないです。




木造住宅において『結露』は絶対に家の寿命に大きく影響しますので注意なん

です。ここに気を使う施工が、後々に大きく変わってくると私は思います。




図面ももちろん気遣いが必要です。全部、施行大工さんの責任にはできません。

『断熱欠損』は施工上ミスですので、図面と共に施工には気遣い必要です。




家の耐久性・寿命と快適に過ごすのには、見えないところの『壁内結露』は

家づくりには絶対駄目なんです。


MAGAZINE へ

関連記事

相談室ブログ

相談室ブログ