見学予約 お問い合わせ

RECRUIT

IK HOME ×
EYEFUL HOME

MAGAZINE

スタッフの日記

省エネ住宅は命を守る必須の選択

| 社長が語ります。
MAGAZINE へ

社長

責任者をしてます飯島です

 

雑誌『だん』から教えていただきました。皆様にも読んでいただきたいとの思いでここに

本から抜粋したことを書かせていただきます。日頃、私からも書かせていただいてること

が解りやすく書いてありましたので、是非読んでいただきたいです。

 

住宅の高断熱化は、エネルギー消費を減らすだけでなく、住む人の健康と暮らしを守り、

社会の『健康』も守るものである。

 

一度住宅を建設すると数十年は使用するので、住宅のエネルギー消費も数十年固定されます。

後からでも改修は可能ですが、建築時に窓を選び、壁や天井の断熱性を高める方が、さまざ

まの工夫が出来て、確実に安くできます。

 

日本の既存住宅の約90%が無断熱状態!で、夏暑く冬寒い状況です。今まではそれが当たり

前のように、住宅内の温度差が、ヒートショックや高血圧など多くの人の健康に影響を与え

 

高断熱だと夏暑い、気密住宅は息苦しいなどの誤解もありました。実際は、空気がそのまま

内部に保たれるので夏は涼しく冬は暖かく、また優れた換気設備も備わってるのが『これか

らの家造り』となります。

 

上記のように本に書かれてました。普段から私も言ってることでしたので、また一人でも

多くのお客様に『今の家づくり』のことをご理解していただけたらとの思いでかきました。

大きく変わて来てます『家づくり』です。価格重視での家づくりは後悔することになって

しまうと私は思います。

 

MAGAZINE へ

関連記事