見学予約 お問い合わせ

RECRUIT

IK HOME ×
EYEFUL HOME

MAGAZINE

スタッフの日記

夏ばかり考えた設計は、冬は損する場合あり

| 社長が語ります。
MAGAZINE へ

社長

責任者をしてます飯島です

 

家づくりの省エネと快適性を考えて設計をすることが、今の時代に

入り当たり前になってきてます。『パッシブハウス』の家づくりです。

 

夏の太陽は冷房の大敵ですが、冬の太陽は最高の友達なんです。

太陽は季節によってうまく付き合うことが大事なんです。

 

夏の敵ばかりを考えすぎますと、庇をつけた時に冬は生涯となってく

ることになってしまいます。設計上で考えすぎずに季節によって調整

出来る手法も活用することも考える良いと思います。

 

昔を考えますと簾がありますが、季節の変わり目に容易に出来て窓の

外側でガードするので日射遮蔽効果が大きくて、おまけに安価で良か

ったです。理想的な日射遮蔽手段であったんです。簾をづら下げる為

のフックだけを用意してpけば良かったのです。

 

窓の日射遮蔽は後付け工事が容易に出来ますが、実は大変なのは屋根

なんです。夏は太陽高度が高いので、直上から容赦なく日射が降り注

ぎます。一番日射が当たるのは、実は屋根なんです。

 

屋根からの日射遮蔽を考えることが一番と私は思います。

私達アイケーホームの家づくりは、しっかりと対策出来てます。

お話を聞いてください。

 

MAGAZINE へ

関連記事