見学予約 お問い合わせ

RECRUIT

IK HOME ×
EYEFUL HOME

MAGAZINE

スタッフの日記

断熱性能が低いと寒いんです

| 社長が語ります。
MAGAZINE へ

社長

責任者をしてます飯島です

 

しっかりと暖房をしてるのに寒く感じる時がないですか?

断熱性能が低いと壁・床・窓などんの表面温度が低いので寒く感じるんです。

 

室温+表面温度÷2=体感温度なんです。

 

夜の暖房を停止し、翌朝の冷え込み時に暖房をつけた時の室内の温度をみた

ことがありますか。かなりの人が朝の冷え込みを感じたことがあるかと思い

ます。

 

断熱性の違いが表面温度に現れて、人の心地好さを感じることに大きく関わ

ってきます。室内環境づくりをするのには何が大事かを考えたいですね。

 

断熱性能の低い家と高い家とでは、室温が同じであっても、表面温度の差が

例えば約4℃あるとすると、実際に人が感じる体感温度は、断熱性能が高い

家の方が約2℃上がってるのが現実なんです。

 

同じメーカーのエアコンを使用して、上記の部屋の断熱性の違う建物を比べ

てみますと容易にご理解出来ます。室温だけでなくて体感温度も大事なんです。

 

このことから、省エネルギーのことを考えますと大きく違いが出てきます。

断熱性を高くすることは絶対のこととプラス『気密測定C値1.0以下』がある

と『省エネ・快適・心地好い生活』が戸建て住宅でも可能なんです。

 

これから『家づくり』をお考えのお客様は絶対にここが大事となります。

情報と勉強をすると後悔しません。

MAGAZINE へ

関連記事