見学予約 お問い合わせ

RECRUIT

IK HOME ×
EYEFUL HOME

MAGAZINE

スタッフの日記

外皮性能グレードと諸外国との水準比較

| 社長が語ります。
MAGAZINE へ

社長

責任者をしてます飯島です

 

家づくりには『外皮計算』が今の時代には当たり前になってきてます。

まだまだ、日本にレベルは低いことに気がつくと思います。

 

外皮計算から、最近では『HEAT20』で表わされれことが多くなてきて

ることを目にすることと思います。

 

G1 ⇒ 10℃を下回らない

G2 ⇒ 13℃を下回らない

G3 ⇒ 15℃を下回らない

上記の数字は、真冬に室内温度が寒くならないという基準でそれぞれの

グレードを設定しているのです。

 

上記の数字は、これまでの日本の住宅にとっては、かなり厳しい数値で、

数年前の既存の日本の家でグレードにクリアーする住宅は、1割もない

と言われてます。

 

外国から見ても、近く地域のモンゴル、韓国、中国などの基準と比較して

も、日本の家の性能が実際に劣ってるのが現実なんです。

 

これからの家づくりには、外国から見てもUa値は大事となってきます。

後悔しない為の家づくりをしていただきたいのです。

MAGAZINE へ

関連記事

相談室ブログ

LIXIL住宅研究所

  • 社長

相談室ブログ