見学予約 お問い合わせ

RECRUIT

IK HOME ×
EYEFUL HOME

MAGAZINE

スタッフの日記

窓の性能は何年ぐらい保たれるのかな

| 社長が語ります。
MAGAZINE へ

社長

責任者をしてます飯島です

 

家づくりには性能を語ることが当たり前の時代となってきました。

その性能を支えてるものには幾つかありますが、まずは大工力は

絶対に大事かと思います。

 

大きく左右するものに断熱材とサッシも大きく影響が出てくると

思いますが、断熱材とサッシの経年劣化していくお話はあるよう

でなかなか聞こえてきません。

 

実は大きく左右することは間違いないことです。サッシに関して

は20年から25年ぐらいに部品と言いますか大事なパッキン関係が

摩耗して気密保持していくことに難しくなってきます。

 

サッシの点検やら交換も必要になってくることと思います。

もう一つの断熱材ですが、これも経年劣化してくることは間違い

ないことと思います。

 

この断熱材が経年劣化してくると、省エネも効かなくなってしま

いますし、寒くも暑くもなり結露もおきてきて家の寿命にも左右

する大きな問題になってきます。

 

ここで大事なことは『経年劣化しない断熱材』を使用することが

大事となってきますので、一押しにお勧めのところです。経年劣

化しなければ結露も抑えることが出来て家の長持ちに繋がります。

何を使用してるかが大事となりますのでご確認が必要です。

MAGAZINE へ

関連記事