見学予約 お問い合わせ

RECRUIT

IK HOME ×
EYEFUL HOME

MAGAZINE

スタッフの日記

寒い家は病気や障害を呼ぶ

| 社長が語ります。
MAGAZINE へ

社長

責任者をしてます飯島です

 

日本以外の先進国は健康政策に住環境の条件が組み入れられ、健康維持に

適切な暖房暖房基準が示されています。『冬季室温18度以上』これがWHO

(世界保健機関)が健康的な住まいの為に強く勧告している世界的な『物

差し』なんです。

 

この物差しを知っている日本人がどのくらいいるでしょうか?家を建てる、

リフォームする工務店でもきちんと認識している工務店・ハウスメーカー

の方が少ないかもしれません。

 

しかし、国土交通省を中心に、国では全国約2000軒・約4000人を対象に

『住まいと健康』の関係を明らかにする『国土交通省スマートウェルネス

住宅等推進事業調査』を2014年からスタートし、5年をかけたその調査が

データが分析を終えて、続々と発表されてるところです。

 

より良い家づくりをする為の資料です。

より良い家づくりをする為に、これからもさらに勉強です。

MAGAZINE へ

関連記事