見学予約 お問い合わせ

RECRUIT

IK HOME ×
EYEFUL HOME

MAGAZINE

スタッフの日記

『断熱性能』と『気密性能』どっちが大事

| 社長が語ります。
MAGAZINE へ

社長

責任者をしてます飯島です

 

家づくりには『断熱性能』と『気密性能』どっちが大事なのか?

どちらもあると、心地好い生活環境が出来ることになります。

 

断熱性能の低い家では、熱はご存じのとおり温度の高い所から

低い所へすぐに移動してしまいます。よって冬に室内で暖められ

た熱はすぐに外へ逃げてしまうのです。

 

断熱性能が高い家では、熱の移動は温度の高い所から低い所へ

ゆるやかに移動していきます。冬に室内で暖められた熱はなか

なか外へ出にくいこととなります。

 

気密性能の低い家では、泥気が多く入ることになってしまいます。

熱損失が大きく換気は実際コントロールが出来ず、室内温熱環境

は成り行きまかえで対応してる所も少なくないようです。

 

気密性能が高い家では、泥気が少なく隙間からの空気の出入りが

しにくくなります。ここで『換気システム』はこの気密測定をし

てC値が1.0以下になることで熱損失を防ぎ、換気が計画的に行う

ことが出来るようになります。

 

また上記から、室内温熱環境が向上します。

断熱性能の低い家と高い家では、同じ設定温度で暖房していても

『体感温度』が当然に違ってきます。

 

断熱性能を高めた場合は、体感温度が上がるという大きなメリッ

トが出てきます。これから家づくりをお考えのお客様にも是非と

もに勉強をしていただきたいのが山々なんです。

 

『断熱性能』と『気密性能』は共に絶対必要な条件ということ

が解っていただけることと思います。

MAGAZINE へ

関連記事