見学予約 お問い合わせ

RECRUIT

IK HOME ×
EYEFUL HOME

MAGAZINE

スタッフの日記

高齢者の生活環境病に警鐘

| 社長が語ります。
MAGAZINE へ

社長

責任者をしてます飯島です

 

冬の話ですが、冬の朝の室温が10度下がっていると、血圧は平均10mmHg

上がる危険があるといわれてます。

 

反対に、冬の居間が5度暖かいと、寒い部屋で暮らしている人よりも脳年齢

が10歳ほど若いことがわかってるということも出ています。

 

どちらも国土交通省が2014年から続けている『住まいと健康』の調査結果

の一部なんです。

 

日本人はあまり住まいの断熱性能や省エネ性能に重きを置いてきませんで

したが、ようやく国レベルで住まいの温熱環境がもたらす『生活環境病』

に警鐘を鳴らし始めたのです。

 

60代、70代までは冬の寒さにも、真夏の暑さにも心身が対処できても、

80代ぐらいになると急にその影響を受け、心身が不自由なことが多なって

くることあります。

 

若い時に頑張って多くの大切な資産を守ってきたのに、不本意な老後が予

期せずにやってくる可能性があるというお話が今の時代には一杯本にも書

かれてます。

 

このような上記のことが起こらない為にも『まほうびんの家』に多くの

皆様に住んでいただきたいのです。新築を考え時には絶対に見て体験して

いただきたいし、リフォームでも『断熱リフォーム』をして老後の心身を

守っていただきたいとの想いで家づくりのご提案をさせていただいてます。

MAGAZINE へ

関連記事