見学予約 お問い合わせ

RECRUIT

IK HOME ×
EYEFUL HOME

MAGAZINE

スタッフの日記

人生100年時代の、住宅変わります

| 社長が語ります。
MAGAZINE へ

社長

責任者をしてます飯島です

 

人生100年時代と言われてます。最後まで住み慣れた町で暮らし続けていく

ためには、住まいは欠かすことが出来ない大きなテーマなんです。

 

日本では、要介護状態になってから住宅改修工事を取られてるところが多

いように思われます。出来ることなら要介護状態にならずに、出来る限り

長く元気で自立した生活を続けていくこそが幸せだと思います。

 

このことこそを語りつくさなければいけないことで、前々から若い時から

住宅を考えることこそが、大きな差となっていくことを考える時代となって

きてることを気がついていただきたいのです。

 

ではどのような家づくりが必要なのか大事となるのかです。

WHO(世界保健機関)は早くから【住まいと健康】の関連に着目し2018年

には【住まいと健康に関するガイドライン】を全世界に向けて公表し、住環

境に潜む健康リスク要因を明確に指摘しています。

 

以来日本の国でも研究が続けられ、住まいの健康リスクが元凶になる【生活

環境病】に警鐘が鳴り始めました。

 

住まいはライフスタイルを支える土台となります。健康寿命を延ばし、人生

を亨受するには、土台から人生の基礎を強化することだと思います。

人生100年となりますが、家を2回も建て替える訳にはいきません。ここで

100年もたす家づくりとはというお話が大事となってきます。

MAGAZINE へ

関連記事

相談室ブログ

業者会

  • 社長

相談室ブログ